密葬の特徴と費用

他の葬儀の特徴

他の葬儀の特徴の写真

一般葬

親族や友人だけでなく、ご近所や仕事関係者にも故人のことを知らせ、多くの人に参列してもらいましょう。葬儀の受け入れ。通夜や告別式は、神父などの宗教者の立会いのもとで行うのが通例です。

家族葬

家族葬は、家族や親族、ごく親しい友人など、限られた参列者で行います。通夜や告別式は、神父などの宗教者の立会いのもとで行うのが通例です。

一日葬

通夜は含まれておらず、告別式と火葬のみの葬儀となります。家族葬と同様に、家族や親族、ごく親しい友人など限られた人数で行うのが一般的です。それはそうです。

直葬

通夜や葬儀を行わず、神父などの宗教者による読経やその他の宗教儀式を省略した告別式。形態:死後すぐに行われるため、火葬と呼ばれることもある。

他の葬儀と密葬の違い

自宅葬・一日葬・直葬(火葬)・密葬の違いは、多くの人が参列することが予想される葬儀や告別式と これは、お別れ会などの本葬を行うかどうかによります。本葬が行われ、一般の方も参列されますが、その前にごく親しいご家族が参列されます。密葬」という言葉は、もともとは親族の近くで行われる葬儀のことを指していました。しかし、近年では、家族葬、一日葬、直火葬などのように、故人の近親者を対象とした葬儀を「親密葬」と呼ぶようになりました。 本葬の開催。密葬」とは、一般の信徒の出席を制限するため、一人だけが出席する葬儀のことです。また、直葬の場合は葬儀プランの名前に「密葬」を採用している葬儀社も多くあります。また、葬儀プランの名前に「密葬」、つまり直葬という言葉を使っている葬儀社もあります。また、近親者のみで行う小規模な葬儀の総称としても使われているようです。そのため、近親者のみで行う小規模な葬儀の総称として使われています。言葉の意味の線引きが曖昧になってきています。