密葬の特徴と費用

個人葬をご希望の方へ

個人葬をご希望の方への写真

本葬をご希望の場合

本葬の場合は、早めの密葬ではなく、後から本葬に参列してもらいたい旨を伝えましょう。また、本葬の日取りが決まっていない場合は、家族に本葬の旨を伝え、改めて情報提供のための連絡をすることも大切です。コミュニケーションです。

本葬がない場合

密葬後に招待されなかった故人の友人や知人、親族がその死を知ると、動揺してしまうことがあります。 葬儀に出られないからお別れしたいし、お世話になったからお別れしたい。ゲストは「お線香をあげさせてください」などの弔事を自宅に持ち込むことができます。本葬を行わない密葬は、参列者への対応にかかる費用や時間、手間を省くことができるとされています。実際、このような状況に追い込まれている人が増えています。家族や親族の中には、近親者だけで行う小規模な葬儀に対して「密葬ってなんだよ」と批判的な意見もありますが、「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ」「密葬ってなんだよ 意見を持っている人もいるかもしれません。家族や親族で話し合って理解を得て、今後のトラブルを回避することが大切です。故人が密葬を希望していたとしても、慎重に検討せずにそれを鵜呑みにするのは危険です。経済的な理由でなければ、故人の友人・知人との関係性や、葬儀を行うことの意義や有用性を慎重に検討しましょう。そらそうですよね、あとは、個人葬をすることになったら、招待したい人にその旨を伝えて、招待しましょう。葬儀に出席しないようにお願いしたい場合は、密葬をすることを伝えて、出席しないようにお願いしましょう。とにかく連絡を取り合うことが大切です。

故人に近かった人にはどう説明するの?

本葬の代わりに密葬を行った場合、密葬を知らされていない人は故人の死を知ることができません。

密葬を知らされていない故人と親しい友人・知人には、密葬から2週間以内に可能な限り速やかにお知らせします。 彼らのことを考えてみましょう。ハガキを出して、故人が亡くなったこと、葬儀が密かに行われていることを知らせる。

ハガキを送った直後に、「お葬式には出られない」「お別れをしたい」「持って行きたい」というメッセージが届きます。故人にお線香をあげに来るお客さんはあまりいません。そんなものはありません。

喪主からのお悔やみや贈り物を受け取ることもできますが、ハガキには受け取りを拒否する旨を書かなければなりません。基本的にプレゼントを預ける場合は、受け取ってはいけません。時には人がアイテムを持ってくることもありますが、その場合は返却の準備をしておきましょう。トイレタリーやお茶、洗剤など、長持ちするものがあると便利です。

個人葬でも報奨金は必要ですか?

本葬をご希望の方は

葬儀の主な目的は、広めて多くの人に参列してもらうことなので、基本的には招待状の受付や まだ参加されていない方でも、ご参加いただけます。そのため、多くの人が参加することが予想されます。通常のお葬式と同じように、お返しの品をお渡しします。

本葬がなければ

香典を受け取るかどうかは遺族の判断に委ねられています。香典を断る場合は、事前に断る旨を遺族に伝えておきましょう。この場合、持ち込まれても受け取らないのが基本です。ただし、郵送の場合は、お返しを送ることで返信することができます。自宅を訪れた遺族から後日弔電が送られてくることもありますが、断ってほしいと頼むと受け取れないこともあります。する場合やしない場合は受け取らないようにしてください。持ってきた場合は持って行き、持ってきた場合は返礼品を送りましょう。