密葬の特徴と費用

密葬後にお別れ会をする方も増えている?

密葬後にお別れ会をする方も増えている?の写真

故人のことを覚えていない」という悩みに応える新サービス

司会者のいない密葬は近親者のみで行うため、故人と関係のあった人は参列できない場合もあります。参加できなかったことを後悔して、後日お参りをすることになるかもしれません。

また、ごく限られた親族だけが、小規模で故人を見送るという選択肢もあります。葬儀であることに変わりはありませんが、ご遺体には時間や用事がたくさんあります。葬儀と埋葬を終えて、やっと時間ができたときに、見送りの仕方が正解だったのかな?多くの遺族は、故人を偲ばないことに申し訳なさを感じている。

いずれの場合も、問題の根源は故人の反省が足りないことにあると主張できる。故人の記憶不足に対処するために、遺族や関係者のための新しいサービスがあります。

お別れ会

細かな段取りや礼儀作法にこだわる伝統的な葬儀とは異なり、「葬儀」を考えるのは 故人とその家族の願い。故人の供養は、「故人がどんな人だったか」「故人がどんな人だったか」に合わせて自由に建てられます。 コンテンツ。 四十九日目や一周忌に行われることが多く、遺族の気持ちの整理が終わった頃に行われます。そのため、打ち合わせに十分な時間をかけることも大きなメリットになります。

お別れ会はどのようにして行われたのでしょうか

1994年に東京のホテルオークラ(東京都港区)で開催された「故人のお別れ会」から始まったと言われています。通称「主の喪」と呼ばれています。当初は企業経営者や著名人などの本葬として普及していましたが、2010年頃には お別れの会」をプロデュースする葬儀社や会社は、全国各地で見かけるようになり、当たり前のようになってきています。

今日では、故人が働いていた会社の同僚や部下、趣味の教室やサークル、学生や友人など、故人の家族や友人がお別れの席に参列します。 会議が一般的になってきています。親族以外の故人と関係のある人は、「『お別れの会』はできないのか?別れや記念日の大切さ、地域に浸透してきているように思えることについて、家族からの問い合わせを目の当たりにしてきました。

重要なのは送り手の気持ちです

葬儀を盗み、「秘密のため込み」と書いてしまうことです。時間的な理由や金銭的な理由で選択する場合もありますが、本葬をせずに密葬するという選択は 主の喪に服することができないということです。罪悪感を感じる必要はありません。

一番避けたいのは、故人のことを十分に覚えていないという気持ちをいつまでも引きずっていることです。一番大切なのは、残された人や喪主の気持ちです。

故人のことを十分に考えていないと感じないためにも、故人の死と向き合うことが大切です。きちんとお別れができるように、リーズナブルな葬儀社を選ぶ必要があります。